グループホームでの仕事内容

介護施設には様々なタイプのものがあり、介護が必要な高齢者は自分の状態に合わせて利用する施設のタイプを選ぶことになります。
比較的元気でADLが自立しており、体力が低下するスピードを遅らせたりや機能回復を目指している高齢者は、通所型施設である機能訓練型デイサービスの利用がお勧めです。
機能訓練型デイサービスでは、身体介護サービスの提供を行っていません。
このように提供しているサービスを特化しておけば、ADLが自立している高齢者にとっては余計なサービスを受ける必要がなくなり、自分にとって必要なサービスだけを確実に受けられるというメリットがあるのです。

また、入所型介護施設であるグループホームで提供されるサービスも、ひたすら身体介護や生活援助などの介護サービスを提供するというものではありません。
グループホームは、認知症の高齢者が多く、重度の要介護状態・疾病を患っている人は入居できないのが特徴です。
ADLとある程度のIADLが自立した人が利用対象となり、勤務しているスタッフは認知症に対する理解が深い介護スタッフが多いのが特徴です。

グループホームで提供されるサービスは、利用者の認知症の進行速度を遅らせ、自立を支援するものです。
利用者に対して何でも手助けしてしまうと、今までできていたこともできなくなってしまう可能性があります。
グループホームでは、利用者の状態を常に注意深く観察し、適切なサービスの提供が必要になり、認知症介護の知識や経験を深めたい介護士にとっては、最適な職場といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です